わたしのAmazon.com
 Amazon.co.jpアソシエイト
サーチ:
サーチ:
わたしの人生を大きく変えた・・・一冊・・・!!


金持ち父さん
貧乏父さん

パーソナルファイナンス専門の作家で大学講師でもあるロバート・キヨサキが、全く違うタイプである2人の人物の影響を受けて構築した、ユニークな経済論を展開している。1人は高学歴なのに収入が不安定な彼自身の父親、そしてもう1人は親友の父親で、13才のとき学校を中退した億万長者である。彼の「貧乏人のパパ」は一生のあいだ金銭問題に悩まされ、ついには家庭生活崩壊の憂き目をみる(立派な人物ではあるが、週払いの小切手では家計が潤うことは1度もなかった)。一方、「お金持ちのパパ」はそれとは全く対照的な人生を謳歌することとなる(「金のために働く下層・中産階級」が「自分のために使う金には困らないお金持ち」になったのだ)。この教訓を肝に銘じていた筆者は、47才で仕事をリタイアすることができた。コンサルタント兼公認会計士のシャロン L. レクターとの共著である本書では、彼とお金との関わりあいを支えてきた哲学が披露されている。
筆者の言い分が延々と続くのにはうんざりさせられるが、それでもなお、学校教育では絶対教えてくれない「経済面でのリテラシー」の必要性を主張する本書は説得力がある。変わりばえのしない仕事を極めることよりも、収入を元手に資産を賢く殖やすことの方が、最終的には必ず人生に富をもたらすという主義に基づき、仕事に見切りをつけるための資産を得るにはどうしたらよいかを教えてくれる。

内容(「BOOK」データベースより)
本書は…金持ちになるためにはたくさん稼ぐ必要があるという「神話」をくつがえす。持ち家が資産だという「信仰」を揺るがす。資産と負債の違いをはっきりさせる。お金について教えるのに、学校教育があてにできないことを親にわからせる。そして、お金について子供たちに何を教えたらいいかを教えてくれる。



金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント
 
ミリオンセラーになった『金持ち父さん貧乏父さん』に衝撃を受けながらも、どこか割りきれない思いを抱いた人は多いかもしれない。第2弾である本書は、さらに論を進めて、実際に「経済的な自由」を手に入れるためにどんなプロセスを踏めばいいかをテーマにしている。「金持ち父さん」の教えを実践しようという人にとって待望の書であり、それ以外の人には、お金や仕事に対する自分のこだわりがどこにあるかを気づかせてくれる1冊となるだろう。

 「金持ち父さん」と「貧乏父さん」の教えを軸にした展開は前作と基本的に変わらない。ただ今回は、E(従業員)とS(自営業者)、B(ビジネス・オーナー)とI(投資家)の4つのクワドラントからなる「キャッシュフロー・クワドラント」という図を採用。それぞれのクワドラントに属する人のお金や仕事に対する考え方の違いを論じ、E、SからB、Iのクワドラントに移行するためのアイデアを提案している。最終のゴールとするB、Iのクワドラントについては、そこで成功するための指針を示している。

   著者によると、この4タイプの人間の違いは、働くのは自分か他人か、お金は誰がどこからもたらすのか、といった考え方の違いが根本にあるという。自分が属するクワドラントを乗り越え、希望のクワドラントに移行するための手段は、本シリーズ最大のポイントにもなっている「ファイナンシャル・リテラシー(お金に関する数字や言葉を理解する力)」の修得に尽きる。税金、資産、投資、負債、貸借対照表などのトピックスをタイプ別に読み解く著者のリテラシーは、今回も新鮮な驚きをもたらしてくれる。

   ただ、リテラシーを獲得した後にどのタイプを選ぶかはそれぞれの価値観にかかわる問題である。著者がそこに踏み込んで、BやIを優位においたのは誤解を招くところだろう。働きがいや自己実現などの「ゴール」もまた無視できない。その点でB、Iがどうなのかも著者に論じてほしいテーマである。(棚上 勉)

出版社/著者からの内容紹介
本書は、2001年11月発売後ミリオン・セラーになった『金持ち父さん 貧乏父さん』の第2弾、第一作で書かれた基本的な「お金についての考え方」をさらに掘り下げて、「いまの激動する世界をどう生きたら安全なのか」「どうやったら経済的自由を手にすることができるのか」を教えてくれます。



金持ち父さんの投資ガイド 入門編

   100万部を突破した驚異のベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』シリーズの第3弾。「入門編」と銘打たれた本書では、「投資力をつける16のレッスン」として、これまでの2冊になかった実践的な投資の知恵を提供している。

   第1作から続く「金持ち父さん」のレッスンは、著者がベトナム出征から帰還した直後に再開される。この時点での著者の資金は地道に働いて得た3000ドルのみ。幼なじみのマイクは金持ち父さんの後を継ぎ、実業家として成功を収めている。著者は金持ち父さんとマイクが話していた「金持ちの投資」に関心を持つが、自分にその資格がないと知り、失望感を覚える…。

   このストーリーからわかるように、本書における著者は、ほとんどお金を持っていないゼロの状態から始まる。前作『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』の4つのクワドラント(ビジネスオーナー<B>、投資家<I>、従業員<E>、自営業<S>)の内容を受け、いかにしてEやSの状態を脱し、「金持ちの投資」に至るかが書かれている。

   サラリーマンがどんなに頑張っても大金持ちになれないのは、税制などの構造的な問題によるのだと著者はいう。本書のなかで著者はその構造を暴き、金持ちの側に立つための心構えや考え方を説いているのである。もちろん、金持ちになりたいかどうかや、幸せな生き方は人によって違う。だが、現在の生活に疑問を持っている人や、資産運用に関心を持っている人には、目からうろこが落ちること間違いなしの1冊である。(土井英司)

出版社/著者からの内容紹介
 「金持ち父さん 貧乏父さん」(累計129万部)、「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」(累計26万部)に続く、「金持ち父さん」シリーズの第3弾。著者が9歳のときから始まった金持ち父さんの教えは、25歳になった著者がベトナム戦争から帰ってくると、いよいよ本格的になってくる。



金持ち父さんの投資ガイド 上級編

 「金持ち父さん 貧乏父さん」(累計129万部)、「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」(累計26万部)に続く、「金持ち父さん」シリーズの第3弾。著者が9歳のときから始まった金持ち父さんの教えは、25歳になった著者がベトナム戦争から帰ってくると、いよいよ本格的になってくる。
 「投資ガイド」の下巻にあたる「上級編」では、「金持ちになるためのプラン」の第二ステージから第五ステージまで進んでいき、だんだんと起業家精神に重点がおかれていく。プランの第二ステージでは、投資家を5つのタイプに分けて説明しているので、どのタイプを目指すのかを読者が自分で決めることができる。第三ステージでは、しっかりとしたビジネスを起こすために必要な基本構造を表した「B−Iトライアングル」について説明する。第四ステージでは、究極の投資の形である「投資を作り出して人に売ること」、つまりは「会社を起こして株式を公開すること」を取り上げる。最終段階となる第五ステージは、富を還元することについての教えであり、いちばん重要なステージだと著者は強調している。
 キヨサキが子どもの頃に金持ち父さんから受けた教えについて書いた「金持ち父さん貧乏父さん」、青年期に受けた教育について書いた「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」に続けてこの本を読むと、金持ち父さんの教えの全体像がかなり鮮明に見えてくる。これまでの二作を読んで、「もっと具体的な教えがほしい」と思っていたシリーズ愛読者には、必読の書となるだろう。

内容(「MARC」データベースより)
投資術をマスターして、さらに上をめざす人を対象にした上級者篇。究極の投資家になる道、起業家になる道、起業家として成功するためのアドバイスなど、億万長者になるための投資家レッスン。



金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法

   アメリカン・ドリームを実現しよう。――若くして財をなし、自発的に引退する。そして、充分な蓄えが快適な生活を保障する。まさにアメリカン・ドリームだ。「金持ち父さん」シリーズ5冊目となる本書で、財テクの教祖ロバート・キヨサキは、財テク計画を組み立てるうえでの実践的な考え方を紹介している。ただ豊かになるだけではなく、何歳で引退するかを自由に決められるような人生設計が立てられるようになるだろう。

内容(「MARC」データベースより)
「いつ、どれくらい収入のある状態で引退したいかを決める」「なぜ引退したいのか、その理由をはっきりさせる」「レバレッジの力を使う」など、若くして豊かに引退する方法を紹介する。



金持ち父さんの子供はみんな天才
累計 100万部を突破したベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』シリーズの著者ロバート・キヨサキが、金銭や仕事など、あらゆる面で子どもの人生を豊かにするための教育方法を指南した1冊。

 『金持ち父さん貧乏父さん』シリーズというと、お金持ちの実業家から黄金律を学び成功した著者のイメージが強いかもしれないが、本書を読むとじつは「貧乏父さん」と称される実父からも多くを学んでいることがわかる。学校の勉強で悩みを抱えていた著者に向かって「おまえたちは頭がいい」と励まし続け、一生学び続けることの重要性を説いた実父のエピソードから、読者は、子どもの才能を伸ばすための多くの知恵を学ぶだろう。

   そしてもちろん、本書の最大のポイントは、著者が「金持ち父さん」から学んだファイナンシャル・リテラシーである。金銭的に豊かになるためにはどのような考え方をすればいいか、そしてそれをどう子どもに伝えればよいのかが、懇切丁寧に書かれている。

   本書には、大きく分けて「学習のための勝利の方程式」「仕事のための勝利の方程式」「お金のための勝利の方程式」の3つの内容が書かれているが、とくに後者の2つは、子どもに限らず、現役のビジネスパーソンにとっても参考になる。豊富なエピソードを読みながら、人生成功の法則が学べる、貴重な1冊である。(土井英司)

日経BP企画
金持ち父さんの子供はみんな天才
本書は、金持ちの父親と貧乏な父親の2人を持つ著者の体験に基づくユニークな教育論だ。2人と言っても金持ちの方は実は大親友の父親でビジネスの成功者。一方、実際の父親は貧乏ながら志の高い教育者。学生の頃、出来の悪かった著者は、この2人から強い影響を受け、学校より親の教育がいかに大切かを肌で知った。
 



金持ち父さんの予言

累計130万部を突破したベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」のシリーズ第6弾。今回は年金問題に迫る話題作だ。
 タイトルにある「金持ち父さんの予言」とは、1970年代にアメリカで制定されたある法律について、金持ち父さんが繰り返し言っていた言葉を指している。「この法律改正の本格的な影響は、25年後から50年後、長い時間がたってからでなければわからないだろう。その影響をまともに受ける人たちに向かって、今きちんと準備をしておくように言えたらいいのだが…。」
「エリサ法」と呼ばれるその法律は、401(k)、確定拠出型年金の導入を可能にした。つまり、労働者自身が老後に備えて、自分自身の責任で年金資金を貯めてさらに投資信託などで運用することになったのだ。別の言葉で言えば、多くの人が十分な投資教育を受けないままに、投資家になるように強制されたことを意味する。これによって、老後の安定が否応なく、市場の動きに大きく影響されることになった。そして、金持ち父さんの予言は続く。「これが引き金になって、史上最大の株式大暴落がやってくるかもしれない。それに備えて、嵐を乗り切るための方舟を造っておくことが必要だ」
アメリカと事情は多少違うが、日本でもいま、年金や老後に対する不安が広がっている。豊かな引退生活を送るためには、お金について学び、自分で投資をすることが不可欠だという認識も高まりつつある。小手先のノウハウを学ぶ前に、まずは投資についての基本的な考え方を身につける必要がありそうだ。

 


ワン・ミニッツ・ミリオネア...

Amazon.co.jp
   シリーズ累計8000万部の超ベストセラー『こころのチキンスープ』のマーク・ハンセンと、不動産投資のミリオンセラー『Nothing Down』のロバート・アレンとのタッグにより実現した、注目の億万長者養成講座。ページの右半分がストーリー仕立ての「物語篇」、左半分が解説調の「実践篇」になっているという、異色の1冊である。

 「物語篇」では、夫を交通事故で亡くしたミシェルが、下っ端ウェイトレスからはい上がり、見事ミリオネアとなって、子どもを意地悪い義父から取り戻すまでが描かれている。仕事中に偶然出会ったお金持ち、サマンサが、ミシェルに100万ドルを稼ぎ出すため与えた教訓とは何か。刺激的なストーリーが展開されている。

 「実践篇」では、お金を生み出す天才ロバート・アレンが、ステップ・バイ・ステップで、億万長者になるための心構えと、お金持ちなら誰もが知っている「梃子効果」、師匠や「ドリームチーム」を持つことの重要性、ネットワークの原則、「富を生む7つの技能」などについて解説していく。『Nothing Down』で披露した不動産売買の極意や自分の知識を本にして売る技術など、具体的なお金儲けのアイデアについても触れられており、大変興味深い。

   前書きにもあるように、学習様式は人によって異なり、右脳で視覚的に理解する人と論理的に学ぶ人がいる。ストーリー形式で読むか、解説形式で読むかは読者しだいだが、実践に重きを置くならやはり両方読んでおきたい。

   億万長者たちが持っている思考の枠組みをきちんと理解し、アイデアを得、実践するために必要な情熱を得るまでのあらゆる情報が網羅された、バランスの良い1冊である。自分の知識を売って豊かになりたい人や、これから起業する人、働いても働いても生活が豊かにならない、と悩んでいる人には、ぜひおすすめしたい1冊だ。(土井英司)
 



主婦もかせげるパソコンで月収30万円
出版社からのコメント
「アフィリエイトプログラム」。耳慣れない言葉ですが、実は、ここ半年くらいで急激に利用者が増えている、ホームページを使った新しい広告形態なのです。発祥はアメリカ。ちなみにアメリカでは、アフィリエイトで億万長者になった人もいるくらい可能性のあるビジネスだそうです。
著者の小林智子さんは、ごく普通の専業主婦。ほんの1年前まで、アフィリエイトに関しては、ズブの素人でした。ところがアフィリエイトプログラムに出会い、ホームページを活用した在宅ビジネスを始めたところ、何とひと月に30万円以上の収入を得ることができるようになりました。その活躍ぶりは、雑誌「AERA」などで取り上げられ、カリスマ主婦と紹介されました。
普通の主婦が、どうやってパソコンひとつでできるお金かせぎのコツを編み出したのか。そのコツを本書では公開しています。
注目の「アフィリエイトプログラム」を成功させるアイディアの出し方、初めてでもできるアフィリエイトの仕方、パソコンでできるお小遣いかせぎの方法などを網羅。何かをやりたい、お金をかせぎたいと思っている方にぜひ読んでいただきたい、アフィリエイト入門のための1冊です。



著者からのコメント
はじめまして! この本の筆者、小林智子こと藍玉です。

私の本に興味を持っていただいてありがとうございます。この本は、私がパソコンと出会ったきっかけから、アフィリエイトで月収30万かせぐまでの経過やアフィリエイトについての本音を書いています。
「AERA」や「日経新聞」などでご紹介いただいてから、「アフィリエイトを始めました!」というメールをたくさんいただくようになりました。そして、アフィリエイトの不安や疑問もたくさんいただきます。他にも同じ不安を抱えている方が多いのでは? こうした方のために、アフィリエイトを楽しんでいる私の体験をお伝えすることができたらと思います。
この本は「これから何かを始めたいけれど、何をしていいのかわからない方」や「アフィリエイトを始めて行き詰ってしまった方」を応援したいという気持ちがいっぱい詰まっています。アフィリエイトに興味が無くても、あなたが一歩踏み出すきっかけとなれば嬉しいです。



カバーの折り返し
「普通の主婦が、自宅にいながらパソコンで1カ月に30万かせぐ」といえば、誰だって驚かれるはずですよね。少し前まで、ホームページさえ持っていなかった私なんです。それが、ちょっとしたきっかけでパソコンを始め、アフィリエイトプログラムに出会い、人生がガラリと変わりました――
☆得するホームページってこんなにあるんだ――タダでできるお金もうけ
☆ホームページを作ってみよう――ソフトを使えば、カンタン
☆アフィリエイトプログラムの魅力――初期費用は無料なのです!
☆アフィリエイトでお金をかせぐ仕組みとは?――ネットショップよりお手軽
☆成功するために――お薦めASPを紹介します
☆SEOを知る――目からウロコ!の新発想で対策
……etc.



著者について
暇つぶしで買ったパソコン。趣味で始めたホームページ作り。そして、友達からすすめられた「アフィリエイトプログラム」。たったこれだけの偶然が、普通の主婦をパソコンで“月収30万円以上”をかせぎ出す人に変えました。やさしい旦那さまと二人の子供をもつ専業主婦であり、ホームページを使った新しい広告形態、アフィリエイトプログラムの活動に積極的に参加し、現在5つのサイトを運営しています。アフィリエイトを始めたのは2003年1月からですが、1年もしないうちに何とひと月に30万円以上をかせぎ出し、雑誌「AERA」でカリスマ主婦として紹介されるまでになりました。悩みを解決するというコンセプトで商品を集めたサイト「悩みドットジェイピー」は好評で、ECサイトからも注目を集めています。そして「主婦」ならではの視点を大事にしながら、その活動の幅をますます広げています。



抜粋
はじめに

 はじめまして、小林智子です。インターネットの世界では《藍玉》という名前で呼ばれています。この本はノウハウ本ではなくて、私の人生そのものなのです。専業主婦になってからというもの、このまま何事もなく人生が終わってしまうのかなと、先が見えてしまった気がしていました。こうした生活の中で、誰かに私という存在を知らせたいという欲求が高まってくるのがわかります。
 再就職するにも、以前のように家族を犠牲にしてまでは働きたくなかったので、社員にはなりたくなかったんです。年齢的に就職するチャンスもそうそうありません。それならば、「その数少ないチャンスを逃しちゃいけない! 自分の力が発揮できる仕事を見つけよう!」と気合いを入れましたが、そんな都合の良い仕事なんてないんですよね。
 そんな時、たまたま、時間つぶしに買ったパソコンが、私の人生をガラリと変えました。インターネットには、大きな可能性があったのです。たとえば、実店舗を持っていなくても、商品があればインターネット上でお店を開くことができます。実店舗の電気代、人件費なども考えなくていいんですよ。自分の店を持ちたい! という夢が早く叶うのです。びっくりしませんか。
 私はインターネットでお店を構えるのではなく、アフィリエイトプログラムという自分の采配でできる仕事を見つけました。この仕事で、現実に私のようなスキルもない専業主婦が、お給料並みの収入をかせぐことができたのです。これまたびっくりしちゃいますよね。

あなたの隠れた才能を眠ったままにしないでください。インターネットにはあなたが活躍できる場があるはずですから。

この本があなたの可能性を広げるきっかけになることを心から願っています。

2004年3月6日

小林智子



検索にガンガンヒットするホームページの作り方
レビュー

内容(「MARC」データベースより)
自分のホームページを「検索でガンガンヒット」させるために、SEOの概念や実用的なテクニックを解説。基本的な考え方や特長、検索エンジンの特徴や対策も丁寧に詳しく記載し、すぐに応用できるように構成。


出版社からのコメント
出版社 翔泳社, 2003/03/19
検索エンジンをうまく使えば、無料でサイトのアクセスを増やせます
毎日毎日、サイトは増殖しています。そんな中で、自分のサイトにユーザーを誘導し、アクセス数を増やすのはまさに至難の業で、苦労しているサイト運営者や企業広報担当者の方も多いと思われますが、そんな人たちのためのとっておきテクニック、ウェブ集客の究極ツールが、本書で紹介するSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)です。

検索エンジンの代表格はGoogleです。今や、Googleを使っている人はユーザーの大半を占めています。検索に慣れている人は、たいていは「中古車 格安」とか、「カルボナーラ 作り方」というようにキーワードで検索します。企業名やサイト名で検索することは稀です。

これを逆にサイト側から考えれば、例えば、カルボナーラの作り方をコンテンツとして持っているサイトは、「カルボナーラ 作り方」と検索したときに検索結果の上位に表示されれば、検索エンジンのユーザーに来てもらえます。非常に単純なことですが、これを実現するのがSEOです。自分のサイトに来てほしいユーザーが使うと思われる検索キーワードで検索されたとき、自分のサイトが上位に表示されるようにして、アクセス数を増やし、関心のあるユーザーだけを呼び込む――その結果として、売上も伸びる、という仕組みです。

本書は、日本でのSEOの第一人者が、すぐに使える実用的なSEOテクニックを詳しく解説した本です。SEOの基本的な考え方や特長も丁寧に書かれていますので、はじめてサイトを作る人でも基礎から理解でき、すぐに応用できます。個人でサイトを作っている方はもちろん、プロの制作者の方にもご満足いただけるものだと思いますが、さらに高度なテクニックを必要とする方には、特典として、読者専用サイトを用意しています。また、いままで一ユーザーとして何気なく使っていた検索エンジンの特徴や対策も、例を交えてわかりやすく解説してあり、読み物としても楽しめます。

最後にご参考までに、本書著者のクライアント企業の広報担当者の方のコメントを掲載しておきます。

【某リフォーム会社 I様の発言】

SEOを導入する前は1ヶ月のアクセス数が約400程度でしたが、SEO導入2ヵ月後には2,000を突破し、現在では平均4,000のアクセスがあります。
以前はメール広告や新聞広告など利用して営業やホームページへの誘導を図っていましたが、現在では他の広告媒体は一切使わず、SEOを導入したホームページだけで運営しております。

何よりも驚いたのがお問い合わせをいただいてからの成約率です。お問い合わせ件数自体は大きな変化はないのですが、SEO導入後は成約率が約60%になり、リフォームを必要としているお客様を効率よく呼び込めていることを実感しました。

最近ではお問い合わせいただく年齢層も幅広くなり、下は15歳の中学生から上は86歳の年配の方までと、インターネットを使っている人がどんどん増えていることには驚きです。今後ますます検索エンジンで目立つ位置に表示される重要性が増してくると思います。

当サイトの内容・情報につきましては私個人の判断に基づくものですので、ご利用の際は自己の責任においてご利用ください。
いかなる損害・トラブル等が発生した場合でも当サイトでは賠償する責任は一切負いません。
当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
URL: http://bishow.fc2web.com/
mailto: bihow01@msn.com

Copyright (C) 2004 Bishow Corporation. All Rights Reserved.
 
   



























SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO