いよいよ!  長期上昇相場の開始ですよ!

株式市場(株価チャート)が、教えてくれるもの・・・

2004年度 年間推奨銘柄

★4/21推奨、 5423東京製鐵  推奨日終値1808円  
:強気一貫推奨:
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=5423.t&d=c&k=c3&z=m&h=on
今日の株価 Chart-Check! http://www.opticast.co.jp/opt/stock/money/ChartK.htm
日経225銘柄・・・PDF版 http://www.f-note.com/stock/
Yahoo 株式ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?c=biz&t=l

★4/9推奨 9883 富士エレクトロニクス 推奨時2195円。
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=9883.t&d=c&k=c3&z=m&h=on

★4/11推奨 6338 タカトリ 推奨時 1300円 
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=6338.o&d=c&k=c3&z=m&h=on

★4/15推奨 2337 アセット・マネジャーズ 推奨日終値 100万円 
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=2337.j&d=c&k=c3&a=v&p=m25,m75,s&t=3m&l=off&z=m&q=c&h=on

★5/5推奨 6315 TOWA 
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=6315.t&d=c&k=c3&z=m&h=on

★5/18推奨 3003  昭栄
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=3003.t&d=c&k=c3&z=m&h=on


遂にきた・・・ 歴史的 変換点 株価は、かならず・・・ 長期上昇相場へ

米FRBが0.25%利上げ、慎重なペースで利上げ継続へ (ロイター)

写真1
 6月30日、米連邦準備理事会(FRB)は、0.25%の利上げを決定した。利上げは4年ぶり。写真はFRBの建物。昨年6月撮影 (2004年 ロイター/Evan Vucci )

 [ワシントン 30日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)は29─30日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、短期金利の指標であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.25%引き上げ、年1.25%とすることを全会一致で決めた。

公定歩合も、同幅引き上げ年2.25%とした。FRBの利上げは4年ぶり。インフレ防止のため、今後も利上げを続ける可能性が高いとみられている。

今回の利上げにより、2001年に始まった金融緩和局面は正式に終了した。FF金利は、58年以来最低となる1.00%まで引き下げられていた。

米国では、経済成長の勢いが増しており、今年に入り120万人の雇用が創出された。景気拡大を背景に物価が上昇していることから、FRBは、今年から来年にかけて、数回にわたって段階的に利上げを進めるとみられている。

FRBは、FOMC後に発表した声明で、「慎重な」ペースで利上げを進める方針をあらためて表明。市場関係者は0.25%の小幅利上げが続くとみている。

FOMC声明は、「基調インフレは、依然として比較的低いと予想されるため、当委員会は、緩和的な金融政策が、慎重であるとみられるペースで解除できると認識している」と表明。  一方で、「物価安定の維持という責務を果たすため、必要に応じて、変化する経済見通しに対応していく」とし、必要な際に積極的な利上げを実施できる余地を残した。

声明は、景気と物価のリスクがほぼ均衡している、とも指摘。インフレが「やや高まっている」が、物価上昇分の一部は一時的な要因によるものとみられる、との見方を示した。

米商務省が今週発表した5月の個人所得統計では、コア個人消費支出(PCE)価格指数が、前年比で1.6%上昇しており、市場では、インフレに対する懸念が浮上している。

グリーンスパン議長は今月初め、経済成長を脅かしかねない急激な物価上昇を抑制するため「必要なことを行う」と言明。

FRBが、政策を転換し、大幅な利上げに踏み切る可能性もあるが、FRB当局者は段階的な利上げを目指す姿勢を強調している。

FOMCの決定直後、株価は小幅上昇。債券価格は小高く推移している。

FRBは今後、生産性の動向を注視していくとみられる。これまでは、力強い生産性の伸びにより、賃金コストをほぼ抑制することが可能だったが、今後は、雇用拡大に伴い、生産コストの大半を占める賃金の上昇は避けられない、との指摘が多い。

第1・四半期の非農業部門生産性は年率3.8%上昇で、時給伸び率の4.6%を下回っている。単位労働コストも増加している。



[ 2004年7月1日7時9分 ]

当サイトの内容・情報につきましては私個人の判断に基づくものですので、ご利用の際は自己の責任においてご利用ください。
いかなる損害・トラブル等が発生した場合でも当サイトでは賠償する責任は一切負いません。
当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
URL: http://bishow.fc2web.com/
mailto: bihow01@msn.com

Copyright (C) 2004 Bishow Corporation. All Rights Reserved.
   






























SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO