「おもへん」プログラム : 第6プログラム・メール
あなた自信の考え方が重要・・・その2

■ 新しい世界を見せてあげよう

 『情報』の中身について、どうやって創り、どう伝えたらいいのか?

■ 私たちも真剣です。

「主婦にもできたアフィリエイト入門講座」について、ご意見、ご感想、ご質問などがございましたら、お気軽に、メールください。
こちらで、内容を確認でき次第、お返事させていただきます。

■ 新しい世界を見せてあげよう


今、多くの会社が困っているのは、消費者のニーズが見えないことです。 受容性が高い新商品やサービスを作ろうにも、その方向性さえ分からない。


ユーザーに現在使っている商品の「満足度」を聞いてみても、「不満だ」と答える人は少なく、「満足している」という回答が返ってきます。

”この商品のこんな所が嫌だ”・・・ ”この点を改善してほしい”・・・ と教えてくれれば楽なんですが、消費者自身も何が不満であるか気付いていません。

不満点を探していくアプローチは、それだけ難しいのです。


隠れたニーズは、マーケット構造が変化すると顕在化します。

あるマーケットに画期的な新商品が入って、その商品の良さを学習すれば、消費者の既存商品に対する不満度が噴出します。



例えば、今まで100円のアイスクリームしかなかった所に、ハーゲンダッツやフォション等の250円の高級アイスクルームが参入して、消費者がその味を知ってしまうと、今までのアイスでは物足りないと感じてしまう。

今までアイスクルームに持っていた世界観が変化します。  ”大人も楽しめるアイスもあっていい”と思うようになる。



私は振り込みをするために、銀行に行くことが全くなくなりました。    ネットバンクを使って、自宅や会社から振り込んでいるからです。

その便利さを知ったので、わざわざ混んだ銀行に出かけて並んでATMを使うなんて、もうできません。

お金の引き出しも、コンビニでできるようになったので(もちろん手数料は無料)不要な銀行の口座はその内、解約しようと思っています。

私の中から、定時に閉まる銀行は消滅しようとしています。  銀行の世界観が変わったのです。



魅力的なマーケットを開発するためには、あなたが売りたい商品やサービスを使って「新しい世界」をお客さんに見せていく視点を持つことです。

その方法の一つは、既存のものに新しい要素を付け加えること。

例えば、株や投資、保険・金融などの世界は、昔からあるビジネスですが、ニューサービスが次々に生まれて、新しいお客を獲得している。


過去の歴史を見ても、ゼロから作り上げた発明品はとても少ない。    ビジネスも同様です。

ちょっとした味付けをして、違う世界を見せてあげるだけで、
消費者の期待を高める商品を創造することができるのです。

つまり、既製の商品に、少し、あなたの考え方や思考をプラスするだけで、新しい商品として生まれ変わらせることができるって言うことなんですね!



 『情報』の中身について、どうやって創り、どう伝えたらいいのか?


インターネットで売るモノは、あなたの「商品」や「サービス」ではなく、『情報』であることは、ご存知でしょうか・・・?


「出し惜しみせず『情報』を伝えなさい・・・!」 よく、言われることですが・・・果たしてそんなに発信する『情報』があるのだろうか・・・?と、思われているかもしれませんね。・・・

獲得したお客さま(見込客)に発信する『情報』は決して、商品の機能や性能、また価格の“情報”ではありません。


あなたが発信する『情報』は、あなたがその道のプロとして、興味をもってくれたお客さまに対し、「教えてあげたい」、そのことで「ハッピーになってもらいたい」と思える『情報』であることが重要です。


つまり、伝える『情報』は知っていることを押し付けるのではなく、その人にとって、「ためになる」情報でなければなりません。

つまり、あなたのWebサイトやメールは、「教える」サイト、「教える」メールでなければいけないということになります。
(ここで、追伸・・・ これは、インターネットの世界だけではなく、実店舗営業なども同じことなんですけどね・・・!)

勉強家である・・・ あなたは、ご存知かもしれませんが、ワクワク系マーケティングで有名な小阪裕司先生は、『失われた「売り上げ」を探せ!」という本の中でこうおしゃっています。

「お客はいつもワクワクした氣持ちで過ごしたい、」、と思い、いつもこの氣持ちを得るための手段を探しており、・・・「商売人はそれに応えるべく、“マスター師)”として、「教えたい」「伝えたい」「広めたい」という氣持ちで、『情報』発信することが大切だ」と。


                       “マスター(師)”としての『情報』発信。


そうですね、あなたは、これから発信しようとしている『情報』、また、今扱っている商品やサービスに関して、“マスター”なんですよ!。


だから、その道のプロ、マスターとして『情報』を発信しようとすると、商品の機能や性能、価格の情報ではなく、必然的に、お客さまがワクワクした氣持ちになれるようなメリットのある『情報』を提供しようとなってくるんですね。


基本的にお客さまは、あなたの商品やサービスを使うとどんな生活上のメリットがもたらされるのかがわからないので買わない、いや買えないんです。

なので、あなたが伝える『情報』というのは、お客さまにとって、そのメリットに対して、“氣づき”を与えてあげることになります。

“マスター”として、また、その道のプロとして、『情報』発信していくには、・・・ それなりに勉強をしていかなければなりません。

つまり、あなたが、その道のプロとして、『情報』発信していくには、・・・あなたに、その『情報』の元になる・「情報」がなければならない、というわけなのですね!

その『情報』の元になる・「情報」をいかに、たくさん吸収していき、加工して、発信してくか・・・?

また、その『情報』をいかに、効率よく、発信していくべきか・・・?が、とても、重要になってきます。・・・ね!。


でも、その勉強の原動力となるのは、・・・ 結局は、お客さまに「教えてあげたい」・「伝えたい」・「広めたい」 と、いうあなたの“情熱”に他ありません。

「お客さまに幸せな氣持ちになってもらいたい」、「ありがとうって、感謝してもらえたら嬉しい」という氣持ち=情熱が、あなたの『情報』の原点になるはずです。

ぜひ、そのあなたの“情熱”をたくさんのお客さまに広めていってください。

そして、多くの方を幸せにしてあげてください。

あなたが得た、数々の・・・ いろんな情報を、あなたが、頭の中に、一度飲み込んで、・・・ 整理して、・・・

あなたの言葉として発する。・・・すると、これが、あなただけの『情報』となるわけです。

これが、あなたの、伝えるべき『情報』だ・・・と、わたしは思っています。



そうすれば、自然と・・・ お金は、あなたに向かって流れ出すでしょう・・・! 

■ 私たちも真剣です。

多分、あなたも、何か、始めたいはず・・・ それも、インターネットで・・・

どれだけ、お役に立てるか分かりませんが、この「主婦にもできたアフィリエイト入門講座」の内容について、分かりにくいところがありましたら、
連絡ください。・・・ mailto: bihow01@msn.com です。

直接、お返事させていただきます。(もちろん、秘密厳守、売り込みなんて、一切、ありません。)

(ただし、あまりにも、かけ離れたご質問、ひやかし、その他、嫌がらせに近いような場合は、お返事できかねます。)

私たちも、真剣です。 すこしでも、この気持ちをご理解いただきたいと思います。


当サイトの内容・情報につきましては私個人の判断に基づくものですので、ご利用の際は自己の責任においてご利用ください。
いかなる損害・トラブル等が発生した場合でも当サイトでは賠償する責任は一切負いません。
当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
URL: http://bishow.fc2web.com/
mailto: bihow01@msn.com

Copyright (C) 2004 Bishow Corporation. All Rights Reserved.
   



























SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO